Tシャツ無地やパーカー無地なら、激安価格の無地ロビンにお任せ!東京からお届けします。

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ご利用規約

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
※12/26は出荷のみの業務となります。
※赤い部分は休業日です。

DALUC[ダルク]

大口割引






【特価廃盤品セール】
⇒37円Tシャツ

⇒気まぐれパーカー

【オリジナルプリント】
⇒Tシャツプリント
⇒オリジナルパーカー


無地ロビンからのご挨拶


この度は、「無地ロビン」にお越しいただきありがとうございます。 当店では、無地でご購入頂ける衣類を多数取り揃えております。無地の衣類業界では安くて有名なお店です。多くのお客様に繰り返しご注文頂いておりますので、安心してお買い物頂けます。無地の衣類販売は、2008年に営業を開始し8年目に突入致しました!またTシャツへのプリントも、ロビンファクトリーにて行っております。 今後とも、何卒、宜しくお願い致します! ※誠にすみません!東京都台東区に事務所はございますが、直接の商品の受け渡しは行っておりません。予めご了承下さい。 ※無地の衣類と、プリントを施した衣類(ロビンファクトリー)は、別の料金体系にて算出しております。

メルマガ登録・解除はこちら
パーカーの売れ筋商品について
選挙ジャンパーで売れ筋商品
パーカーの裏地は、裏毛か裏起毛どちらがいいか?
トレーナーやスウェットの人気について
エプロンの売れ筋商品について
ブランドタグの混在について
一番売れてるキャップはこちら
信頼のユナイテッドアスレ商品
薄手のパーカーが売れています。
コーチジャケットの由来
トートバッグの売れ筋商品について
ビブスと言えばサッカー?
Tシャツの歴史を紐解く?
【ダイ・ハード】Tシャツ通販屋のつぶやき
8.4オンス ファイン フレンチテリー スウェットプルオーバー パーカ(パイル):5181-01
8.4オンス ファイン フレンチテリー スウェットフルジップ パーカ(パイル):5180-01
10.3オンス ニットフリース プルオーバー パーカ:United Athle 3914-01
10.3オンス ニットフリース モックネック スウェット :United athle 3915-01
オーセンティックスーパーヘヴィーウェイト 7.1オンス ロングスリーブTシャツ(1.6インチリブ) 4262-01
5.6オンス ルーズフィット ロングスリーブ Tシャツ(ポケット付) 5012-01
8.4オンス ファインフレンチテリー カットオフ クルーネック スウェット 5174--01
8.4オンス ファイン フレンチテリー アーバンフィット スウェット パンツ 5175-01
シェル パーカ(一重):United Athle 7483-01
9.3オンス レギュラー パイル クルーネック スウェット:United Athle 5392-01
9.3オンス レギュラー パイル スウェット フルジップ パーカ : United Athle 5390-01
9.3オンス レギュラー パイル スウェット プルオーバー パーカー United Athle 5391-01
オーセンティック スーパーへヴィーウェイト 12.7オンス クルーネック スウェット : United Athle 5740-01

Tシャツの歴史はいつから始まったのかご存知でしょうか?


原始時代?戦国時代?戦後??

Tシャツは人体の構造そのままの形にした衣服なので、Tシャツのような服はかなり昔から存在したと言えます。極論をすれば、人類が衣類を着だした7万年程前が、Tシャツの始まりとも言えるかと思います。

では、今日的な意味において、Tシャツがいつから始まったのかというと1910年代にその起源が遡ります。元々はアメリカの水平が軍用品として支給されていた肌着にその原型があるのですが、1920年代にはTシャツという言葉が辞書に載っていたようですので、その数年前からは着用され始めていると考えられます。

ただ、アメリカの水兵は、イギリスやドイツの水兵のまねをした・・・というお話もあり、そうなってくると1800年代まで遡ることができます。


ここで、なぜ水兵にその起源があるのかを考えてみたいと思います。

一般的にはTシャツは肌着でした。つまり外で着るのは恥ずかしいものだったのです。
昔の衣類は洋の東西を問わず、華美で重たく着用しづらいものが殆どでした。裸に近いTシャツでは権威を示すことができなかった為、動きずらく無用な装飾の付いた衣服が一般的だったのです。昔の着物もTシャツと比べると格段に着ずらいですよね…。着付けという言葉は、Tシャツには存在しません。

そこで水兵の存在に必然性が出てきます。
水兵とはすなわち海軍の兵隊です。海軍となれば、常に水に濡れる可能性が存在する為、華美で幾重にも連なったような服を着用することができなったのです。そこで水に濡れても乾きやすくて動きやすいTシャツを着用する必然性が出てきます。肌着をアウターとして着る必要のあった水兵の衣服が、時代やメディアの発達とともに、外で着ても恥ずかしくない服として認識されるようになったのです。

日本でも1970年代までは、Tシャツだけで外に出るのは恥ずかしい…という認識があったようです。今日のTシャツの普及ぶりを見ると、着用しやすくコストもそれほど掛からないTシャツを普段着として着られることは、長い歴史的な積み重ねがあったのだな…と感じさせてくれます。良い時代になりました。